三次市の歯科医院「おぜき歯科」

〒728-0012 広島県三次市十日市中2丁目14-5

おぜき歯科0824-63-1814



院内感染等の防止のために

 治療用手袋、紙コップ、エプロンは患者様ごとに使い捨てしています。
 治療に用いる機材機器は消毒・滅菌を行っています。
 スリッパは患者様ごとに除菌消毒を行っています。
 一度使用した麻酔薬・針などは再利用せずに破棄しています。


患者様にとって安全な治療のために

 お口の中を触る行為は厚生労働省が認可した歯科医師か歯科衛生士のみが行っております。
 従来のレントゲンと比較して放射線の被爆量の低いデジタルレントゲンを導入しています。
 歯科用CTなど最先端の機器を用いて的確な診断、安全な治療を行っております。


 
超音波洗浄機   オートクレーブ
診療で使用した器具はまず超音波洗浄を行い、その後オートクレーブを使用して高温・高圧の蒸気で器具の滅菌を行います。これにより微生物やウィルスなど、人体に影響を及ぼす恐れのあるものすべてを死滅させます。

 
殺菌済み診療器具   紫外線殺菌灯付キャビネット
ミラーやピンセットなど、口に入るセットをパックして滅菌します。これにより空気感染を防ぎ、無菌状態を一定期間持続させることがで きます。口の中で毎回使用するものなので、一度使用したものをそのまま使いまわすことはありません。   オートクレーブ等で滅菌・消毒した器具は、殺菌レベルを維持するために紫外線灯付キャビネットにて保管しています。